Bakkt、仮想通貨カストディビジネスを拡大 顧客に70越えの機関投資家

NO IMAGE

Bakktが事業の最新情報を公開

インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨(暗号資産)子会社Bakktが、機関投資家向けカストディビジネスの顧客を70超まで増加させていることが分かった。

Bakktのトップは18日にブログを更新し、仮想通貨事業の取り組みについて最新情報を伝えた。昨年11月、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の認可を取得し、機関投資家を対象にしたカストディサービスの提供を発表したBakktは、着実に顧客を増やしている模様だ。

関連Bakkt、全機関投資家向けの独自仮想通貨カストディサービスを開始

また、カストディサービスの顧客に5億ドル(約537億円)超の保険を提供するため、保険仲介企業Marshと提携したことも発表。Bakktのカストディサービスでは、すでに1億2500万ドル(約134億円)の保険を利用できるようになっていたが、増額によってサービスが拡充していることが分かった。

さらにGeminiやコインベース、BitGoなどの仮想通貨企業に続いて、会計事務所が実施する「SOC 1 Type Iと「SOC 2 Type II」のテストを終えたことを明かした。SOC認証とは、組織における財務、情報、および運用の統制を評価するものだ。

関連コインベースの仮想通貨カストディ、セキュリティ評価基準2つに合格

ロイヤリティプログラムサービス企業「Bridge2 Solutions」買収したBakkであったが、この分野で新たに大手金融機関2社と提携したことも発表した(具体名は出ず)。その企業の3000万超の顧客が旅行のポイント、商品、ギフトカードなどの交換に、Bakktのロイヤリティプログラムサービスを活用していくという。

Bakktは今年の夏に、消費者向けのアプリのローンチを予定している。本アプリではデジタル資産の売買だけでなく、クレジットカードのポイントや旅行のマイルの利用も対象している。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=151229 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://lin.ee/1rhkgzo 

●過去の記事
http://ripple.2chblog.jp/

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


Source: リップル仮想通貨情報局
Bakkt、仮想通貨カストディビジネスを拡大 顧客に70越えの機関投資家

リップル(XRP)の情報カテゴリの最新記事