速報 バイナンス、仮想通貨Liskのステーキングサービスを明日より開始

速報 バイナンス、仮想通貨Liskのステーキングサービスを明日より開始

バイナンス、Liskのステーキングサービスを明日より開始

仮想通貨取引所バイナンスは26日、Lisk(LSK)のステーキングサービスを開始することを公式HPで公表した。

バイナンスは、2月27日9時(日本時間)より、ユーザーのLSK保有数を記録する。最初のステーキング期間は3月31日までに計算し、それから毎月の20日前に報酬を付与する。

バイナンスのウォレットに預けるだけでステーキングに参加することができ、参加最低保有数は1LSKになる予定だ。

なお、バイナンスはステーキング代行の手数料を請求しない。

バイナンスは2月15日にLiskのデリゲート投票(ヴォート)を行なっていたことがLiskのエクスプローラ上のデータで判明しており、ステーキングサービスへ参入する可能性が高まっていた。

voteとは上記で述べたデリゲートを選出するためにLSKトークン保有者がブロック生成を委任したい人を選出するために行う投票のこと。

PC版の公式ウォレットから投票を行うことができ、手数料が1LSKかかる。(1LSKにつき33人まで投票可能、最大101人まで)

投票することによりデリゲートから還元される報酬はvote報酬と呼ばれる。

Liskのステーキングサービスは、国内取引所コインチェックが世界で初めて導入に踏み切った(β版)。コインチェックも、取引所の預り資産を利用してデリゲートへの投票を実施しており、獲得した報酬から手数料を差し引いたものをユーザーに分配している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿
寄稿:Lisk Japan LISKer
仮想通貨取引所コインチェックのステーキングサービスの影響で、市場の関心高まるリスク(LSK)。通貨の概要や開発環境、今後の将来性や購入可能な国内外の主要取引所リストについて、Lisk Japanの有識者らが解説。
仮想通貨リスクの仕組みから紐解く「コインチェック新サービスの重要ポイント」=LiskJapan寄稿
仮想通貨取引所コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスの提供を発表。預り資産であるLSKの一部を運用するというが、実際どのような仕組みなのか?その仕組みを徹底解説。

Source: COINPOST
速報 バイナンス、仮想通貨Liskのステーキングサービスを明日より開始

仮想通貨ニュースカテゴリの最新記事