米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施

米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施

米 SeedCXが現物決済ビットコインスワップUATテストを開始
米シカゴに拠点を置く仮想通貨取引所Seed CXの子会社は、仮想通貨における現物決済のビットコイン証拠金スワップのユーザー受け入れテストを開始した。機関投資家をターゲットにするという。

SeedCX、現物決済ビットコインスワップUATテストを開始

機関投資家向けの米仮想通貨取引所Seed CXの子会社「Seed SEF」は、現物決済ビットコイン証拠金(マージン)スワップのユーザー受け入れテストを開始した。現物決済ビットコイン証拠金スワップとは、カスタマイズのできる、OTC(対面取引)にて取引されるデリバティブ契約である。

TheBlockの独占報道では、Seed SEFはユーザー受け入れテストを8月に実施し、テストの結果と規制審査を今後公開する予定としている。当商品は、米国でローンチする。

Seed CXのCEO Edward Woodford氏はTheBlockに対し、このように話した。

我々は今、CFTC(米商品先物取引委員会)と緊密に連携している。

今後3ヶ月で、ビットコインスワップ商品を正式に開始できる見込みだ。

同社は過去18ヶ月、規制当局と緊密に協議・連携してきたことを強調している。最終承認が下りれば、Seed SEF社はビットコインスワップをセルフ承認し、クライアントに提供することができるという。

Woodford氏は、Seed SEFが世界において、現物決済のビットコインスワップをテストする「初めてのプラットフォーム」であると謳っている。トレーダーはレバレッジをかけ、デリバリー時には現金でなく、ビットコイン決済が実現することになる。

関連ICEのCEO、待望のBakktが迫る

Woodford氏は、米国で現在取引が行われている仮想通貨関連デリバティブは、現金決済や完全担保付きのもので、現物決済を提供するCoinFLEXのような取引所は米国でサービスを行なっていないと指摘する。

CoinFLEXは、BitMEXと同様にSeychellesに本社を置いており、CoinFLEXのCEOのMark Lamb氏はTheBlockに対して、米国市場を視野に入れていないと言及した。Lamb氏は当時、「米国の規制された仮想通貨先物市場の規模は全世界の仮想通貨関連デリバティブ市場の2%弱しか占めていない。一方、アジア市場は大規模である。」と説明している。

Seed SEFのこの商品は、ヘッジファンドやマイニングプールなどの機関投資家に特化したものだ。Woodford氏はこの商品の取引高や収益に関しては発言をしなかった。

競争が迫る

仮想通貨デリバティブ市場は盛んに発展している。つい昨日(13日)、取引所Coinbaseなどが出資している取引所「Blade」はBTC・アルトコインのスワップを提供する予定を発表した。Bladeは規制面などを理由に、米国ではサービスを提供しないという。

また、先日LedgerXは現物決済ビットコイン先物の提供開始を発表したが、規制承認の行き違いで現在CFTCの正式な承認を待っている状況にある。

関連CFTCとLedgerXが行き違いか

そのほかBakktは、Seed SEFと同じのように、ユーザー受入テストを行なっていながら、ニューヨーク州の「信託ライセンス」の申請承認を待機している。米大手仲介企業TD Ameritradeが出資する機関投資家向けのプラットフォームErisXも、年内に仮想通貨先物の提供を予定している。

関連ErisX、現物決済ビットコイン先物提供可能に

Source: COINPOST
米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施

仮想通貨ニュースカテゴリの最新記事